ニュース
14 February 2021
ニュース

台北国税局(NTBT)は、パンデミック後の時代を考慮して、リモートサービス、オンライン学習、ソーシャルネットワーキングサイト、オンライン注文および配信プラットフォームなどの電子サービスの需要が満たされていると述べました。成長します。 ROC地域に固定された場所を持たないオフショア電子商取引プロバイダーは、国内の個人に国境を越えた電子サービスを販売し、年間売上高はNT $ 480,000を超えます。MOFのeTaxポータルから税登録を申請し、クラウド請求書を発行し、税金を提出します。総収入に基づいて事業税債務を報告し、支払います。
NTBTはさらに、上記の「電子サービス」は次の3つの条件のいずれかを指すと説明しました。


1.利用するサービスは、インターネットなどの電子ツールを介してダウンロードし、パソコン、スマートフォン、タブレット、携帯機器、モバイル機器などに保存して利用します。

2.使用されているサービスはオンラインであり、オンラインゲーム、広告、視聴覚ブラウジング、音声放送、ソーシャルネットワーキングサイト、映画、メロドラマ、音楽、コース、調査開発クラウドなどのオンライン情報を含むどのデバイスにも保存されていません。ベースのソフトウェア、データベース、インタラクティブコミュニケーション。

3.利用するサービスは、実際の場所でインターネットまたはその他の電子ツールを介して提供されます。


NTBTは、年間売上高がNT $ 480,000を超える世帯に電子サービスを販売しているが、税務登録を申請しなかった場合、NT $ 3,000からNT $ 30,000の罰金が科せられることを強調しました。国境を越えた電子商取引プロバイダーは、考えられる欠陥(税務登録、クラウド請求書の発行、正しい税申告など)を確認し、適切な是正措置を講じる必要があります。この場合、利息の制限に加えて、法律に従って罰金が免除されます。

サインイン
閉じる
閉じる